LDLコレステロール値の改善期間の目安

コレステロール数値によっては長期を視野に入れた改善策を

LDLコレステロール値の改善期間はどれくらいが目安なのでしょう。

 

 

血液検査でLDLコレステロール値が高いと、病院の医師から薬が処方されます。LDLコレステロール値が正常でも、中性脂肪の値が異常に高いと、医師から処方された薬を飲んで、食生活の見直しをしないといけません。

 

LDLコレステロール値の数値はどれくらいで下がるのかというと、それなりに長いスパンで見ていかないといけません。中性脂肪の改め方は簡単ではありません。

 

中性脂肪の数値が1000を超えると、LDLコレステロール値が上がってしまいます。基準値の範囲であってもLDLコレステロール値は上がり、中性脂肪の数値は下がっても高い数値を示します。

 

中性脂肪とLDLコレステロール値の関係は複雑なので、改善期間は長くかかります。ストロングスタチンという薬を使えば、1ヶ月で下げることは可能ですが、その薬は体質もあるので、全員がその薬を処方してはもらえません。

 

中性脂肪を改善するには、薬が多すぎると肝臓に負担がかかるので、薬はなるべく減らした方がいいです。

 

体に余計な負担をかけないためには、LDLコレステロール値は、半年から1年ぐらいかけて治療を進めていった方が無難です。

 

 

 

私はLDLコレステロール値改善へ向け、ひとまずこの新素材の青汁を始めました。>>